トランスジェンダーの方の相談事例

LGBTと一言で言っても、雇用管理上配慮の必要性が特にありそうなのは、LGBの方よりもT(=トランスジェンダー)の方かもしれません。
当事務所で関わったのもこのケースで、女性から男性へ性転換された方でした。具体的に行ったのは社会保険・雇用保険の性別変更手続きです。正直、どちらも手続き自体は難しくありませんが、何しろ情報が少ないです。ネット上に色々のってはいるものの、年金機構のHPとハローワークインターネットサービス(厚労省)には正式な手続きに関する情報はまだ掲載されていません。また年金機構の場合は所定の用紙が必要になりますが、年金事務所の職員でさえしばらく探していたほどでした。まずこの「性別変更にどういう手続きが必要になるのか?」という疑問に関しては、だいぶ労力を省けると思います。また本人への影響として・実際に手術や治療を行う場合、保険適用外となる。つまり保険証は使えず、高額療養制度や傷病手当金も利用できない・年齢によっては、年金の受給開始に影響が出る可能性があるといった問題も出てきます。