賃金設計

こんなことでお困りではありませんか?

賃金設計をするにあたっての問題となるのは

  1. あいまいな賃金設定をどう変えていいのか
  2. 年齢給・職務給・職能給 等のバランスをどうすれば良いのか
  3. 給与にはどういった項目を入れればよいのか
  4. 評価制度とどうやってリンクさせればよいのか
  5. 昇給や降給などのランクや割合をどう決めればよいのか

という具合に悩みが尽きません。

賃金設計とは下記のような

  1. 分かりやすい等級制度を盛り込むこと
  2. 仕事の量・質を明確にしてそれを基準に賃金制度をつくること
  3. 運用しやすく、恒久的に運用できる制度であること
  4. 社員のレベルに合わせた様々な教育を重ねる制度であること
  5. 一定の賃金が維持される制度であること

いくつかの視点で構築することが大切です。

新潟安全の賃金設計支援

企業様にとっての賃金設計は、御社で働く方の様々なモチベーションを保つうえで、分かりやすく、運用しやすく、納得できて、会社の目的・目標・生産性向上等の会社の強化を行う良い会社に必要です。
新潟安全研究所はそのための社員教育に関するすべてにおいての構築・運用・支援・活動サポートをどんなことでもお手伝いいたします。

 

給与バランスを整えていくことが従業員へのメッセージ

賃金設計にとって必要なものの一つには給与の構成について従業員にとって分かりやすいものであることが条件になります。
年齢給から始まり、職務給・職能給、その他様々な項目の賃金を構成するものがあります。
御社にとってその項目の意味することと効果と各項目の給与バランスを整えて行くことで従業員へのメッセージとなって行きます。

 

賃金設計と人事は目標を達成する大切なツール

賃金設計の目的の一つに、賃金制度と人事評価のリンクによる言わば会社の設計をしていく役割があります。
会社の目的・会社の向かう戦略・会社の役割等を賃金設計と共に、仕事の質・レベル等を従業員に賃金設計と人事評価の構築を行うことで社員教育を通して行うことで企業理念・生産性向上等の目標を達成していく大切なツールとなります。

 

透明化を図り、人件費の指標ができます

賃金構築はその他にも多くの目的を持っています。
賃金構築を通して、会社はさらに透明化を図ることが出来ます。人件費の明確な指標が出来ることで金融機関等の評価も上がります。
他企業との給与の比較等も容易に出来るようになり、企業価値も分かりやすくなります。
様々な場面で賃金設計のメリットを生かして行けるようになります。新潟安全研究所はお客様に様々なご提案をしてまいります。