メンタルヘルス(休職者対応・うつ・職場復帰)

こんなことでお困りではありませんか?

  • 専門家のいない中小企業で、初めて職場でメンタル不調者が出たが、どの様に対応して良いのか、まったく分からない。
  • ➡「新潟安全に依頼し、初期対応から休職中の傷病手当金の申請、主治医との連絡の取り方、復職までの段取りを教えてもらい安心した」というお声をいただきました。
  • 初期対応・休職・復職・職場再適応 各ステージでの対応が分からない
  • ➡メンタルヘルス不調は個別性が高くマニュアル化し難いが、ひとつひとつの事案を確認しながらご相談に対応させていただきます。
  • 安全配慮義務の観点から、事業主の責任として、従業員の健康を維持するための取組につなげたい。
  • ➡今後の対策として、1次予防への取組。気づきを促すセルフケア研修の実施から職場環境改善へ職場環境改善とは、メンタルヘルス不調を未然に防ぐ働きやすい職場づくりへの取り組みです。
  • 現在職場にメンタル不調者は出ていない、ストレスチェックが義務化され行っているがコストがかかる割に、必要性を感じていない。
  • ➡支援を必要とするのはメンタルヘルス不調者だけではありません。

新潟安全のメンタルヘルス対策の特徴

新潟安全研究所では、一歩進んだ攻めのメンタルヘルス対策として、メンタルヘルスとキャリア支援の統合により、従業員のポジティブな側面や、強みの発見でモチベーションアップを図り、生産性向上を目的とする、イキイキとした職場づくりを提案します。

キャリアコンサルティングの導入は、厚生労働省の助成金を活用でき、費用負担を軽減できます。