安全衛生

こんなことでお困りではありませんか?

安全衛生活動と一言で言っても

  1. どういう風に活動すれば良いのか分からない
  2. 安全衛生委員会の設立、運営の仕方が分からない
  3. 運営しているが安衛法に基づいているかどうかわからない
  4. 委員会の内容がいつも同じでマンネリ化している
  5. 活動をいつだれがやれば良いのか分からない
  6. 活動内容が適正か分からない、評価できない、ステップアップできない 

という具合に悩みが尽きません。

 

安全衛生とは

一言であらわすと「労働者が安全に健康的に仕事が行えるように、職場の環境や作業内容を整える」ということです。
安全衛生健康管理の3つに分類されます。

  • 環境管理とは従業員が安全に健康的で働けるように、職場の環境を整えること。
  • 作業管理とは、従業員の健康が損なわれないように仕事のやり方を指示すること。
  • 健康管理とは、従業員が仕事が原因で健康を損なわないように定期的にチェックすること。

をいいます。

安全衛生のための活動として

  1. 安全衛生委員会、委員会に準拠するハラスメント委員会等の活動
  2. 安全衛生パトロール
  3. 職場巡視
  4. 災害防止活動
  5. 安全衛生計画と計画推進活動
  6. 作業手順書等の作成と推進
  7. 5s活動
  8. 健康診断等の健康維持の活動
  9. 管理者、全社員、安全衛生に関する教育

など様々な活動により安全衛生を確保することです。

新潟安全の安全衛生支援

企業様にとって、会社内の安全衛生活動が

  1. いつ
  2. 誰が
  3. のように行い
  4. その活動を評価することで
  5. 安全衛生活動の内容を確認しながら

安全衛生活動を通して、会社の強化を行うことで良い会社にしていくことが必要です。
新潟安全研究所はそのための安全衛生に関するすべてにおいての構築・運用・支援・活動サポートをどんなことでもお手伝いいたします。

 

安全衛生委員会の設置

安全衛生委員会は、労働災害防止への取り組みを行う委員会の事を言います。
その為に上記に書いた 1~9 等の活動を行い、ひと月に1回程度の委員会で活動内容の報告等を行い、その場で次回以降の活動の改善策やアドバイス等を行います。

安全衛生委員会の内容

安全衛生委員会に出席する委員会は会社内で決めます。

  1. 環境改善
  2. 作業改善
  3. ヒヤリハット
  4. 5S
  5. ハラスメント
  6. 設備
  7. 健康診断
  8. 健康管理
  9. 健康増進
  10. 産業カウンセリング
  11. 残業時間、過重労働管理

等、様々なコンテンツの中から、会社内で必要なものをピックアップし、活動内容と評価方法、改善のシステム等を構築してい委員会を決めます。

 

安全衛生活動を通して、会社内のレベルアップを図ります

その他、安全衛生活動は委員会を通してでなくとも、どんな人数でも、会社内の問題を解決するツールとなります。
尚且つ安全衛生活動を通して、会社内のレベルアップを図る社員教育として活用することで大きな成果を上げることが出来ます。