社員教育

こんなことでお困りではありませんか?

(1)いつやるのか
(2)誰を対象にするのか
(3)どのレベルでやればいいのか
(4)どれくらいの期間やるのか
(5)どの手法でやるのか
という具合に悩みが尽きません。

社員教育とはいくつかの視点で構築することが大切です。

(1)社員の能力を上げること企業全体の能力向上を図ること
(2)会社の目的に合わせて、会社理念・会社方針を理解すること
(3)継続的な教育を行うことでモチベーションを保たせること
(4)社員のレベルに合わせた様々な教育を行うこと
(5)実践的教育以外にも勤務態度等、規範となる教育をおこなうこと

等、企業様にとって、会社内の社員教育が、会社内の教育計画を構築しながら、
それぞれに合わせた社員教育を使い、会社の強化を行うことで良い会社にしていくことが必要です。新潟安全研究所はそのための社員教育に関するすべてにおいての構築・運用・支援・活動サポートをどんなことでもお手伝いいたします。

新潟安全の社員教育の特徴

企業理念・方針を理解し考える社員を育成

社員教育の目的の一つに企業理念・方針を理解してもらうことにあります。企業理念・方針は根幹であり、企業の方向性を示しています。社員教育によって企業理念・方針を理解させて覚えることで、企業のことを考えて行動するようになります。社員教育を通して理念方針を共有し、今後の営業活動や戦略を構築したり、企業の道筋づくりを考える社員を育成することで企業の発展につなげていく効果があります。

 

行動や数字の目標に対して分析し、達成へむけての努力をし、
実績・改善を繰り返すことでレベルアップを図る

社員教育の目的の一つに。というとても重要なことがあります。社員の能力を上げることは、ひとりひとりの生産性を向上させるということになり、社員の生産性向上は企業の生産性向上となり、会社のレベルアップと熟成につながって行きます。それぞれが、会社・部門・個人の短期・中期・長期の目標設定を立て、管理者との共有を基にその行動や数字の目標に対して分析し、達成へ向けての努力をし、それを実践・改善を繰り返すことでレベルアップを図る等、様々な教育手段を通して行っていくことにより効果を上げて行きます。

 

社員教育は継続して行い、会社のレベルアップを図りましょう

社員教育はその他にも多くの目的を持っています。社員教育を通して、社会人としてのマナーや企業のカラーを学ぶこともあります。教育を通して社会人としてのイロハを学び、規律正しい社員となり、お客様との信用を得て行きます。また、社員教育は継続していくことで効果を発揮して行きます。必要なスキルを見極め、社内教育・社外教育を使いながら、会社のレベルアップを図りましょう。